産後のバストケアにも使える!?

女性は妊娠すると、授乳に備え、お腹の中の赤ちゃんの成長に伴い乳腺が発達します。おっぱいが急に大きくなったり張ったりして、サイズが上がった経験のある方も少なくないはず。
元々まな板のようにぺったんこな胸の方でも急に何段階も大きくなったりするので、妊娠から卒乳までの間は、赤ちゃんの可愛さも相まって女性としては嬉しい期間。
しかし授乳期を終えた途端に気になるのが、胸の萎み。
1,2年の短期間での急なサイズ変化でバストに負担がかかり、胸の形が崩れてしまった!胸が垂れてしまった!という話もたくさん耳にします。

産後、バストをしぼませないために

妊娠で大きくなったバストは、乳腺や母乳によって通常より重量が増し、揺れや振動などの運動ダメージ、重力の引っぱりに弱くなります。パンパンに張ったバストを、なんのケアもせずに放っておいては垂れ乳・シワシワおっぱい、まっしぐら!
胸の衰えを予防するには物理的にブラジャーなどで固定するのが一番ですが、そうもいきません。ただでさえ体の変化が多く大変な時期に、張った胸を窮屈なブラジャーに押し込めるとなると気が滅入ります。

妊娠中、授乳中こそナイトブラで胸を守りましょう

ナイトブラなら日中用のブラと違い、締めつけ感がなく楽に装着できます。張った胸でも窮屈感なく、それでいてしっかり支えてくれるので安心感も◎。
ナイトブラはもともと胸を高い位置で支えるというコンセプトなので、就寝時に限らず日中家に居る時や、ちょっと外出するときでも使えますね。

胸のハリを作るクーパー靭帯は、一度損傷したら元には戻りません。
手遅れになる前に、油断せずにしっかりバストを支え守っていくこと!
子育てを頑張るママでも、いつまでも若々しく美しい姿でありたいですもんね。

大変な労力がつきまとう育児。ついつい楽なノーブラ状態になってしまいがちですが、授乳期を終えてから「萎んだ!」「垂れた!」と後悔したくなければ、ちゃんと対策をした方が懸命。
あとで泣きを見るのが嫌なら、せめて寝る時だけでもナイトブラ!
覚えておきましょう。

ナイトブラについて

調査概要

  • 調査企画:日本マーケティングリサーチ機構
  • 調査概要:2019 年 5 月期_インターネット調査
  • 調査手法:インターネットでのアンケート調査
  • 調査期間:2019 年 5 月 1 日~2019 年 5 月 24 日
  • 調査対象:10代〜70代の男女
  • 母集団:810名
  • 居住地:北海道,京都府,青森県,大阪府,兵庫県,宮城県,奈良県,和歌山県,山形県,福島県,茨 城県,岡山県,栃木県,広島県,群馬県,山口県,埼玉県,徳島県,千葉県,香川県,東京都,愛媛県, 神奈川県,高知県,新潟県,福岡県,富山県,佐賀県,石川県,長崎県,山梨県,大分県,長野県,岐 阜県,鹿児島県,静岡県,沖縄県,愛知県,三重県,滋賀県