ナイトブラと普通のブラの違い

寝る時着けるナイトブラと、日中着ける普通のブラ、どう違うの?
今回はよく頂くこちらの質問に答えたいと思います。

① ワイヤーやボーン

日中着けるブラにはワイヤーやボーンなどの硬いパーツが入っていることがよくありますね。
ワイヤー(胸のカップの下側を沿う硬い針金)は下乳がはみ出ることの予防、サイドボーン(カップとサイドベルトの間にある硬い芯)はブラそのものの安定性を高めるために入っています。
2つとも胸をガッチリ固定するためには大いに役立ちますが、反面、体に食い込んで血流を悪くする原因にもなります。

ブラでなくとも、寝ている時に身につけるものはなるべく柔らかいものがベストですよね。
ナイトブラは安眠を妨げることが無いよう、すべて柔らかい素材でできています。
寝ているときの胸周りの血流が悪いと代謝が落ちてバストサイズがしぼんでしまったり、健康にも悪影響。良いことがありません。
ちなみにナイトブラを謳いつつワイヤーやボーンが入っているものまれにあるので要注意です。

② その場しのぎの「盛り」構造

日中着けるブラジャーは、服を美しく着れるよう見た目重視の構造になっていることが多いです。
盛りブラのようなタイプの商品では、狭めのカップや極厚のパットで胸を圧迫することで底上げし、ボリューミーでハリのあるバストに見せるわけですが…
こんなに乱暴な構造が、胸に良い訳が無いですよね。

ナイトブラは胸そのものを痛めつけるような構造では決してあってはなりません。
全体的に伸縮性のある生地で、しっかり支えつつ、乳房には負担をかけない、そんなナイトブラが理想的ですね。
もちろん商品によって、ナイトブラを謳いつつ胸にダメージを与える構造のものが流通しているのも事実!そこは注意が必要です。

③ ストラップ

日中用のブラは当然上に服を着るので、ストラップ(肩紐)はなるべく主張が強くならないよう細めになっています。
でも細いストラップでは色々な問題も…。
胸を吊り上げるためにアジャスターを短めにすると、肩に食い込む!
かといって緩めると、今度はホールド感が物足りない…
そんな経験ありませんか?
ナイトブラは肩紐が一体型になっていたり、幅の広い物が多いので、肩にかかる力が分散され食い込むことなくしっかり支えてくれます。
服装を気にしない、ジムなどの場面でナイトブラを使う人もいるそうですよ。
確かにしっかり支えてくれる商品であれば、スポーツブラよりも良いかもしれませんね。

ナイトブラについて

調査概要

  • 調査企画:日本マーケティングリサーチ機構
  • 調査概要:2019 年 5 月期_インターネット調査
  • 調査手法:インターネットでのアンケート調査
  • 調査期間:2019 年 5 月 1 日~2019 年 5 月 24 日
  • 調査対象:10代〜70代の男女
  • 母集団:810名
  • 居住地:北海道,京都府,青森県,大阪府,兵庫県,宮城県,奈良県,和歌山県,山形県,福島県,茨 城県,岡山県,栃木県,広島県,群馬県,山口県,埼玉県,徳島県,千葉県,香川県,東京都,愛媛県, 神奈川県,高知県,新潟県,福岡県,富山県,佐賀県,石川県,長崎県,山梨県,大分県,長野県,岐 阜県,鹿児島県,静岡県,沖縄県,愛知県,三重県,滋賀県